無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「原発撤退を求める署名」開始/志位委員長が記者会見/国民的世論の大きなうねりを | トップページ | 改憲の必要性、白紙から議論 民主憲法調査会 »

2011年5月28日 (土)

周南市議会、上関原発中止求める意見書 30キロ圏内

http://www.asahi.com/politics/update/0527/SEB201105270055.html
周南市議会、上関原発中止求める意見書 30キロ圏内

2011年5月28日10時50分

 中国電力が山口県上関町で計画している上関原発建設の中止を申し入れるよう県に求める意見書案が27日、周南市議会で全会一致で可決された。県によると、少なくとも県が埋め立て免許を出した2008年10月以降、上関原発建設中止を求める意見書は県内の議会で初めてという。

 周南市は一部が予定地から30キロ圏に入っている。意見書は二井関成知事あてで、福島第一原発事故を受け「風向きによっては全市が影響を受けることになる。避難区域となった場合、石油化学コンビナートの工場群が全面停止という事態になる」と指摘。国に対し、既設原発の安全管理や事故が起きたときの対処法の確立▽原発の新増設計画の凍結▽原発に代わる新エネルギービジョンの早急な策定――を求めることも併せて要望している。米沢痴達議長は「直接知事に会い、意見書を提出したい」と話した。

 中国電力広報・環境部門は「内容がわからないのでコメントのしようがない」としている。(福家司)

« 「原発撤退を求める署名」開始/志位委員長が記者会見/国民的世論の大きなうねりを | トップページ | 改憲の必要性、白紙から議論 民主憲法調査会 »

民衆の運動」カテゴリの記事