無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米軍再編見直し、重ねて要求=上院委員長ら | トップページ | 周南市議会、上関原発中止求める意見書 30キロ圏内 »

2011年5月27日 (金)

「原発撤退を求める署名」開始/志位委員長が記者会見/国民的世論の大きなうねりを

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-27/2011052701_01_1.html
「原発撤退を求める署名」開始/志位委員長が記者会見/国民的世論の大きなうねりを

(写真)記者会見する志位和夫委員長=26日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は26日、国会内で記者会見し、党として「原発からの撤退を求める署名」運動を開始したことを発表し、「国民的な大きな世論になっていくうねりをつくりたい」と抱負を語りました。

 志位氏は、「福島第1原発事故は、原発の危険性を万人の前に事実をもって明らかにした」と指摘。現在の原発の技術は本質的に未完成で危険なものであるにもかかわらず、世界有数の地震・津波国に集中的に設置し、歴代政府が「安全神話」にしがみつき、まともな安全対策をとってこなかったことを強調しました。

 その上で、「政府に原発から撤退する政治的な決断を迫り、原発ゼロにむけた期限を切ったプログラムの策定を求めることを国民的な運動として起こしたい。その一つとして署名運動に取り組みたい」と表明。「各地で、原発をとめてほしいという運動が広がっており、一つひとつの運動も発展させながら全国的な波をつくっていきたい」と述べました。

 全国各地で起こっている原発中止などを求めるさまざまな市民・住民運動との関係について記者団に問われ、志位氏は、「撤退に至るプログラムや原子力エネルギーに対する考え方の違いがあったとしても、『原発からの撤退』の一点で一致する方々、さまざまな市民運動とおおいに協力共同関係をつくっていきたい」と語りました。

« 米軍再編見直し、重ねて要求=上院委員長ら | トップページ | 周南市議会、上関原発中止求める意見書 30キロ圏内 »

民衆の運動」カテゴリの記事