無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 連合、原発推進方針を凍結 昨夏決めたばかりですが | トップページ | 同盟深化を協議=福島原発事故収束への協力確認へ-日米首脳が会談 »

2011年5月26日 (木)

海水注入は継続していた…原発・吉田所長が判断

これって、ホントだとしたらすごいことだよね。官邸が「再臨界のおそれあり、止めろ」と言ったというのに、止めなかったのだから。官邸が言ったか、言わないかでもめているが、現場の所長が官邸の指令を無視したということで、すごい。尖閣の保安官の映像リークどころの騒ぎじゃないよね。一体どうなっているんだ、官邸は。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110526-00000685-yom-sci

海水注入は継続していた…原発・吉田所長が判断

読売新聞 5月26日(木)15時29分配信
 東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に、同社が冷却用の海水注入を中断していたとされる問題で「注入中断はなく、継続していた」と発表し、21日に政府・東電統合対策室が公表した調査結果を訂正した。

 同原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていたという。

 統合対策室はこれまで、東電が3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の「再臨界」の可能性を懸念した官邸の意向に配慮し、同25分に独断で注入を中断したとの調査結果を公表。

 しかし、公表翌日の22日には、班目春樹・内閣府原子力安全委員長が、再臨界に関する自分の発言内容が異なると抗議し、調査内容を訂正していた。

 1号機では震災後、炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が相次いで発生。海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性が指摘されていた。

最終更新:5月26日(木)15時29分

« 連合、原発推進方針を凍結 昨夏決めたばかりですが | トップページ | 同盟深化を協議=福島原発事故収束への協力確認へ-日米首脳が会談 »

東日本大震災」カテゴリの記事