無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(171)ゼラニューム | トップページ | 浜岡原発運転停止 「2~3年で再開」困難 »

2011年5月15日 (日)

宮城、福島知事が対立=道州制めぐり-復興会議

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
宮城、福島知事が対立=道州制めぐり-復興会議

 14日開かれた政府の東日本大震災復興構想会議で、福島県の佐藤雄平知事が道州制に反対する考えを表明し、道州制導入に積極的な宮城県の村井嘉浩知事との意見対立が表面化した。両知事の対立が続けば、6月末の中間報告に向けた意見集約は難航しそうだ。
 これまでの会議で「震災復興を機に道州制の先行モデルを目指すべきだ」との意見が出たことに対し、佐藤知事は「各地域の実情に合わせた復興に取り組んでいるさなかに、道州制を視野に入れるのは賛同できない」と反対意見を表明した。
 これに対し、村井知事は会議後、記者団に道州制について「国の機能は外交や防衛などに限定し、全部地域に任せるべきだ。行け行けゴーゴーだ」と持論を展開。今後、震災復興の進め方をめぐり、両知事の対立が激化する可能性もある。
 一方、村井知事は会議で、首都機能の一極集中を避けるため、危機管理を代行する拠点を東北に設置するよう提言した。ただ、五百旗頭真議長は会議後の記者会見で「首都機能という大きな国家構造の在り方に議論を集中させる状況にはない」と述べた。(2011/05/14-22:07)

« 雑記(171)ゼラニューム | トップページ | 浜岡原発運転停止 「2~3年で再開」困難 »

東日本大震災」カテゴリの記事