無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自然エネ、20年代に2割=原発事故の教訓伝達「歴史的責務」―首相がOECD演説 | トップページ | 雑記(174)この季節は植物が元気ですね »

2011年5月26日 (木)

原発反対、日独中韓で増 日本は初めて多数に 世論調査

http://www.asahi.com/national/update/0525/TKY201105250637.html
原発反対、日独中韓で増 日本は初めて多数に 世論調査

2011年5月26日3時1分

 東京電力福島第一原発の事故を受け、朝日新聞社は今月、日米仏ロ韓独中の7カ国で世論調査を実施、事故への見方や原発に関する意識を探った。原子力発電の利用について、賛成が反対より多いのは米国とフランス。韓国と中国では拮抗(きっこう)し、ドイツ、ロシア、日本では反対が多数を占めた。日本は、事故後3回目の調査で初めて反対が賛成を上回った。

 対象国は、世界の主要原発国と、建設中の原発が最も多い中国を選んだ。

 原発の利用で、米国は賛成55%、反対31%、フランスは51%、44%と賛成多数になった。これに対し、ロシアは賛成36%、反対52%、日本は34%、42%。「脱原発」を進めるドイツは、反対81%が賛成19%を大きく引き離している。

 日本は、4月16、17日の調査で賛成50%、反対32%だったが、今月14、15日の前回調査で賛成43%、反対36%と差が縮まり、今回初めて逆転した。

« 自然エネ、20年代に2割=原発事故の教訓伝達「歴史的責務」―首相がOECD演説 | トップページ | 雑記(174)この季節は植物が元気ですね »

東日本大震災」カテゴリの記事