無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 過半数賛成で憲法発議を 要件緩和の議連発足へ | トップページ | 非常時への対応 本来なら憲法の見直しが要る(5月4日付・読売社説) »

2011年5月 5日 (木)

朝日53社説:大震災と憲法―公と私をどうつなぐか

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110503/stt11050301000000-n1.htm

大震災と憲法―公と私をどうつなぐか

 日本国憲法が施行された64年前のきょう、日本各地にはまだ空襲の跡が残り、戦渦からの復興は緒に就いたばかりだった。

 いま東日本大震災に、原発事故が加わり、敗戦後最大の危機の中に私たちはある。

 被災者一人ひとりの暮らしを立て直し、支えていくことと、被災地を広域にわたって復興し再生していくこと。そこには、「私」と「公」の間にどう折り合いをつけるのかという難題が横たわる。憲法を踏まえた議論を避けて通れない。

 震災と津波の直後に発揮されたのは、日本社会の草の根の強さだった。しかし、日を追って明らかになったのは、国民の生命と権利を保障する最後の守護者としての政府の役割である。

 たとえば、津波で家を流された人々の生活をどうするか。

 失われた私有財産を国が補償する仕組みはもともと日本にはなかった。阪神大震災や鳥取西部地震などを経て大論争の末に、最大300万円を住宅再建に支給する現行制度ができた。

 今回、さらに増額を求める声が出ている。「二重ローン」の問題も深刻だ。放射能で自宅に戻れなくなる人々は? 政府、ひいては社会でどこまで負担を分かち合うべきなのだろうか。

 重い問いはそれだけではない。すでに被災地では、がれきの中に自力でプレハブを建てる例が出ている。「自宅にもどりたい」という被災者の気持ちは当然であり、痛いほどわかる。

 一方、地域再興や防災強化の観点からは、私有地の土地利用を一定程度制限するのもやむをえない場合がありうるだろう。

 政府は自治体とともに早急に青写真を描き、私権制限がどこまで必要なのか、どのような手法を採るのかを具体的に示し、被災者の理解を得るよう努めなければならない。

 こうした公と私のぶつかりあいを、憲法改正で乗り越えてしまおうという議論も改めて出てきている。非常事態条項を新たに盛り込むべきだという自民党内などからの主張である。

 大規模災害時に政府の権限を拡大し、国民の人権を制限する。当然、日本有事への即応に役立てることも念頭にある。

 しかしそれは、同時多発テロ事件後の米国で見られたように権力へのチェック機能が失われる危険をはらむ。民主主義体制そのものを浸食しかねない。

 現行法の枠内でも可能なことは少なからずあるはずだ。そのうえで今の憲法や法体系にどんな限界があるのか、しっかり見きわめる。非常時だからこそ、冷静な姿勢が肝要である。

« 過半数賛成で憲法発議を 要件緩和の議連発足へ | トップページ | 非常時への対応 本来なら憲法の見直しが要る(5月4日付・読売社説) »

「国内情勢」カテゴリの記事