無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「不信任に大義あるか」=社民・福島氏 | トップページ | 雑記(175)ベランダのクジャクサボテンとゆすら梅の実 »

2011年5月28日 (土)

自衛隊初の「海外基地」、海賊対策でジブチに

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110528-OYT1T00450.htm
自衛隊初の「海外基地」、海賊対策でジブチに

 政府は、アフリカ東部のジブチに、自衛隊初の本格的な海外活動拠点を6月1日に開設する。

 ソマリア沖で実施中の海賊対策の強化が当面の目的で、今後は中東・アフリカ地域で行う自衛隊の国際貢献の拠点とする方針だ。航空機の駐機場や整備用格納庫など、ほぼ恒久的な施設を保有し、自衛隊にとって事実上初めての“海外駐留基地”となる。米国はテロ対策などで同地域を重視しており、日米同盟の強化につなげる狙いもある。

 ジブチは、ソマリア沖のアデン湾に面し、アラブ諸国とアフリカ諸国の間に位置する。自衛隊が現在行う海賊対策の警戒・監視活動の拠点となっている。

 ただ、自衛隊は現在、首都ジブチ市にある米軍基地に約2年間間借りしており、今後も活動の長期化が予想されることから、政府は、自前の拠点が必要だと判断した。
(2011年5月28日14時37分  読売新聞)

« 「不信任に大義あるか」=社民・福島氏 | トップページ | 雑記(175)ベランダのクジャクサボテンとゆすら梅の実 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事