無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(175)ベランダのクジャクサボテンとゆすら梅の実 | トップページ | 防衛省、米大使館員を引き抜き キャリア官僚に »

2011年5月29日 (日)

「原発の安全性発信は過ちだった」 小泉元首相、講演で

過ちだったではすまない。小泉元首相にとっては、他人事ではない。なぜ間違ったのか、もっと掘り下げた分析をしないと、子どもの戯言の類だ。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY201105280368.html
「原発の安全性発信は過ちだった」 小泉元首相、講演で

 小泉純一郎元首相は28日、地元の神奈川県横須賀市内で講演し、東京電力福島第一原発の事故について「日本が原発の安全性を信じて発信してきたのは過ちだった」と話した。

 日本食育学会・学術大会の特別講演で、演題は「日本の歩むべき道」。小泉元首相は「原発が絶対に安全かと言われるとそうではない。これ以上、原発を増やしていくのは無理だと思う」と続けた。

 日本が1970年代の石油危機の教訓から石油燃料への依存を減らしてきたとも指摘し、「原発への依存度を下げ、世界に先駆けて自然エネルギーを推進しないといけない」と訴えた。

« 雑記(175)ベランダのクジャクサボテンとゆすら梅の実 | トップページ | 防衛省、米大使館員を引き抜き キャリア官僚に »

東日本大震災」カテゴリの記事