無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下知事「憲法改正して首相公選を」 施行記念式で発言 | トップページ | モンゴル核処分場計画:米「核なき世界」へ思惑/核燃料サイクルと日米モンゴルの狙い »

2011年5月 9日 (月)

モンゴルに使用済み核燃料施設 日米構想、議論は進まず

http://www.asahi.com/politics/update/0509/TKY201105090114.html
モンゴルに使用済み核燃料施設 日米構想、議論は進まず

 日本と米国、モンゴルが共同して、使用済み核燃料などの国際的な貯蔵・処分施設をモンゴルに建設する構想を持っていることが9日、分かった。経済産業省は原発の輸出を目指し、新興国でニーズが高い使用済み核燃料の処分もセットにして売り込む狙いだ。

 ただ、菅政権は福島第一原発事故を受けて原発の輸出も含めた原子力政策を見直す方針。構想が実現するかどうかは不透明だ。

 原発の新規導入を計画する国にとって、使用済み燃料をはじめとする放射性廃棄物の処分は大きな課題。日米両国とも最終処分施設を持っていない。一方でロシアなどは、放射性廃棄物の引き取りも材料にして原発を売り込んでいる。

 そこで原発の燃料になるウランの埋蔵量が豊富で、原子力産業の育成を望むモンゴルに国際的な処分施設をつくる構想が日米両国で浮上。昨秋から経済産業省、米エネルギー省、モンゴル外務省の間で協力関係を模索してきた。核燃料の再処理で出るプルトニウムを核兵器に転用されないよう防ぐ意味もある。だが、福島第一原発の事故で議論は進んでいない。

 日本政府は昨年決定した新成長戦略で、官民一体となった新興国への原発輸出を打ち出した。昨年10月にはベトナムとの間で原発輸出に合意。トルコやヨルダンとも交渉している。

« 橋下知事「憲法改正して首相公選を」 施行記念式で発言 | トップページ | モンゴル核処分場計画:米「核なき世界」へ思惑/核燃料サイクルと日米モンゴルの狙い »

東日本大震災」カテゴリの記事