無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 大連立は「原発隠蔽内閣」=福島社民党党首 | トップページ | 日米、外交日程を再検討=外務・防衛相協議延期も »

2011年4月 8日 (金)

菅首相の震災対応批判=退陣求める意向も-西岡参院議長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011040700858
菅首相の震災対応批判=退陣求める意向も-西岡参院議長

 西岡武夫参院議長は7日の記者会見で、東日本大震災や福島第1原発事故をめぐる菅直人首相の対応について「やるべきことをやってない。菅内閣が今の状態で国政を担当するのは許されない」と厳しく批判した。その上で「首相が(私の意見を)聞かなければ、アクションを起こさざるを得ない」と退陣を求める意向も示唆した。
 東日本大震災の復旧・復興計画立案のために新設する「復興構想会議」については、「幾つ会議をつくれば気が済むのか。(首相の)責任逃れとしか思えない。会議が踊っている」と強調。また、「議論している暇はない。復興構想会議はやめて、首相がどう復興するか方針を示すのが先だ」と述べた。(2011/04/07-23:23)

« 大連立は「原発隠蔽内閣」=福島社民党党首 | トップページ | 日米、外交日程を再検討=外務・防衛相協議延期も »

「国内情勢」カテゴリの記事