無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 2プラス2開催時期、震災配慮=危機対応の日本に理解-米国防総省 | トップページ | 参院選「9ブロックで大選挙区」案 西岡議長が修正案 »

2011年4月 6日 (水)

民主との大連立に応ぜず=「健全野党」の立場を重視-自民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011040500967
民主との大連立に応ぜず=「健全野党」の立場を重視-自民

 自民党は5日、民主党政権との「大連立」に応じない方針を固めた。衆参両院で3分の2以上の勢力を占める巨大与党が誕生すれば国会のチェック機能が働かなくなると判断。東日本大震災の復興では政府に全面的に協力しつつも、入閣要請は拒否する構えだ

 これにより、復興に向けた2011年度第1次補正予算の編成をめぐり、再燃した大連立構想はまた白紙に戻る見通し。自民党の連立参加を期待していた菅直人首相も方針の見直しを迫られることになる。
 自民党の谷垣禎一総裁は5日午後、都内で小泉純一郎元首相と会談。小泉氏は「今は健全な野党の在り方をしっかり発揮すべきだ」と述べ、政権の外から協力するのが望ましいとの考えを伝え、谷垣氏は「全くその通りだ」と応じた。海部俊樹元首相も同日、谷垣氏に「政策が一緒にならなければ連立はできない」と語った。
 一連の会談後、谷垣氏は記者団に「政策の擦り合わせもない連立はない。野党として徹底的に震災対応に協力すると言っており、これをきちっとやる」と強調した。(2011/04/06-01:22)

« 2プラス2開催時期、震災配慮=危機対応の日本に理解-米国防総省 | トップページ | 参院選「9ブロックで大選挙区」案 西岡議長が修正案 »

「国内情勢」カテゴリの記事