無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米、外交日程を再検討=外務・防衛相協議延期も | トップページ | 国防長官の後継人事焦点に=懸案山積、CIA長官浮上―米 »

2011年4月 8日 (金)

キノコ雲・原発5人死亡…海外「過激報道」に外務省抗議

http://www.asahi.com/politics/update/0407/TKY201104070454.html
キノコ雲・原発5人死亡…海外「過激報道」に外務省抗議

2011年4月7日22時12分

 福島第一原発の事故に関連し、海外メディアによる「過激報道」に外務省が注文をつけている。事実誤認や誇張した報道を見つけ次第抗議し、訂正を申し入れているが、モグラたたきの様相で、根絶は難しそうだ。

 高橋千秋外務副大臣は7日の会見で「過激に報道するメディアもあり、一つひとつ丁寧に申し入れをしている」と述べた。

 外務省が発見した「過激報道」は後を絶たない。米オハイオ州のタブロイド紙に、キノコ雲が三つ並んだ漫画が掲載されたのは3月15日。「ヒロシマ」「ナガサキ」の隣に「フクシマ」のキノコ雲が描かれ、在デトロイト総領事館が「事故と原爆投下を同一に扱うのは不適切」と抗議した。同紙は謝罪し、ネット上に掲載された漫画も削除されたという。

 一方、英タブロイド紙は同日、第一原発の事故への対応中に「作業員5人が死亡した」とする記事を掲載。外務省は「明らかな事実誤認」(関係者)と判断したが、これが各国のメディアに次々に転電される事態に。見かねた外務省は3月28日付で、すべての在外公館に向けて「『5人死亡』の報道が広く流れている。類似の報道に接したら、ただちに訂正を申し入れるように」と指示する内容の訓令を流した。

 原発事故以降、日本に絡む報道が世界で急増しており、外務省は「国際社会に悪いイメージが固定化されかねない」と懸念を強めている。(松村愛)

« 日米、外交日程を再検討=外務・防衛相協議延期も | トップページ | 国防長官の後継人事焦点に=懸案山積、CIA長官浮上―米 »

東日本大震災」カテゴリの記事