無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(162)山吹の花 | トップページ | 小沢氏が「内閣不信任案」への同調を示唆 菅首相に自発的退陣促す  »

2011年4月13日 (水)

原発周辺「20年住めない」と菅首相

菅直人よ、君はどんなに残酷なことを言っているのか、わかっていない。60~70歳の高齢者は死ぬまで故郷に戻れませんよと言われたのだ。君の責任と努力を棚上げにして。この冷たい、権力欲に固まった首相には、啄木がこう歌を詠んだ気持ちなどわかりはしないのだ。そのような君に政治家の資格はない。

かにかくに渋民村は恋しかり/おもひでの山/おもひでの川 
やはらかに柳 あをめる/北上の岸辺目に見ゆ/泣けとごとくに

菅直人にこんなことを言わせて黙っていられない。無口で、おとなしいと言われる東北人よ、われらは坂上田村麻呂の時代から鬼と呼ばれ、まつろわぬ人びとだった。万余の死者と万余の行方不明者と故郷を離れた十数万の民の無念と哀しみを受け止め、東北の大地で鬼となって、そのまつろわぬ心に炎を燃やせ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011041300644
原発周辺「20年住めない」と菅首相=内陸に移住、10万人規模の宅地造成

 菅直人首相は13日、松本健一内閣官房参与と首相官邸で会い、放射能漏れ事故を起こした福島第1原発周辺の避難区域について「そこに当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」との認識を示した。松本氏が会談後、記者団に明らかにした。
 松本氏は、避難区域などに住んでいた住民の移住先について、福島県の内陸部に5万~10万人規模の環境に配慮したエコタウンをつくることを提案。首相は賛意を示し、「中心部はドイツの田園都市などをモデルにしながら再建を考えていかなければならない」と語った。(2011/04/13-16:22)

« 雑記(162)山吹の花 | トップページ | 小沢氏が「内閣不信任案」への同調を示唆 菅首相に自発的退陣促す  »

東日本大震災」カテゴリの記事