無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 大連立で温度差=「期限付き」「首相退陣が前提」-自民 | トップページ | 民主との大連立に応ぜず=「健全野党」の立場を重視-自民 »

2011年4月 6日 (水)

2プラス2開催時期、震災配慮=危機対応の日本に理解-米国防総省

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
2プラス2開催時期、震災配慮=危機対応の日本に理解-米国防総省

 【ワシントン時事】米国防総省のモレル報道官は5日の記者会見で、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の開催時期について、東日本大震災の被災地の復旧や福島第1原発事故への対処に取り組んでいる日本政府の事情を最大限配慮する考えを示した。2プラス2の開催は震災前、5月連休中で調整されていた。
 モレル報道官は、「日本政府と2プラス2の開催計画を協議し続ける」とする一方で、「われわれは日本が目の前の差し迫った危機に対応しなければならないことに非常に注意を払っている」と強調。
 原発の放射能漏れ問題など進行中の事態に閣僚が対処していることにも理解を示し、「日本政府全体にとって最も道理にかなった適切なタイミングを見いだすために日本と協議する」と述べた。(2011/04/06-07:27)

« 大連立で温度差=「期限付き」「首相退陣が前提」-自民 | トップページ | 民主との大連立に応ぜず=「健全野党」の立場を重視-自民 »

日米関係」カテゴリの記事