無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 全漁連が東電に抗議/原発には一切協力しない | トップページ | 大連立は「原発隠蔽内閣」=福島社民党党首 »

2011年4月 7日 (木)

<米国>クリントン国務長官が来日へ 今月中旬で調整

昨日は、近々、ゲーツ国防長官と一緒に来日して、日本で2+2を開くという報道があったばかりなのに、めまぐるしいですね。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110407-00000056-mai-int

<米国>クリントン国務長官が来日へ 今月中旬で調整

毎日新聞 4月7日(木)12時11分配信
 【ワシントン古本陽荘】クリントン米国務長官が、東日本大震災における日米協力を踏まえ、強固な同盟関係を確認するため、今月中旬に来日する方向で調整していることが6日、わかった。これに伴い大型連休中にワシントンで開く予定だった外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の開催は先送りされる方向。日米関係筋が明らかにした。

 来日時には、松本剛明外相との会談のほか、菅直人首相とも会談する方向で調整している。

 米国は地震発生後、米軍による支援物資の輸送や行方不明者の捜索など救援・救助を中心に活動を実施。福島第1原発の事故に関しても、原子力規制委員会(NRC)の専門家が日本側と情報交換を行ってきたほか、原子力災害などに対応する米海兵隊の専門部隊「CBIRF」(シーバーフ)も派遣された。クリントン長官の来日時には、こうした日米協力の実績を確認するとともに、米国が長期にわたり、原発対処や復興活動に関わっていくとの方針を表明するものとみられる。

 クリントン長官は14~15日、ベルリンで行われるリビア情勢に関する北大西洋条約機構(NATO)の外相会合に出席。その後、来日する方向で調整している。

« 全漁連が東電に抗議/原発には一切協力しない | トップページ | 大連立は「原発隠蔽内閣」=福島社民党党首 »

日米関係」カテゴリの記事