無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米 海兵隊グアム移転で詳細計画案 | トップページ | 朝日社説:原発をどうするか―脱・依存へかじを切れ »

2011年4月20日 (水)

原発再開・新設なければ、温室ガス1割増の試算

これを原発再開の口実にするな。いつまでこんな愚かなことを言っているのですか。3月11日は、エネルギー原発依存社会の転換だけでなく、エネルギー浪費社会の転換も迫っているのです。大量生産大漁浪費は止めましょうよ。原発による滅亡を望まないなら、その覚悟が必要なのです。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000023-yom-soci

原発再開・新設なければ、温室ガス1割増の試算

読売新聞 4月20日(水)16時25分配信
 東日本大震災が温室効果ガス削減に与える影響について、環境省が、被災した原発14基の運転を再開できず、計画中の原発9基も新設できなかった場合、2020年のガス排出量が1990年比で10%増加すると試算していたことが分かった。

 政府が地球温暖化を巡る国際交渉で公約に掲げる「25%削減」とは大きな開きがあり、目標の再検討に加え、温室効果ガス削減の面でも厳しい節電が求められる可能性がある。

 同省によると、試算は原発の稼働率を85%と設定、原発の電力をすべて火力発電所で補ったとの想定で行った。20年までの経済成長や節電の動向などは、「大きく変動する可能性がある」(環境省)として考慮には入れていない。

最終更新:4月20日(水)16時25分

« 米 海兵隊グアム移転で詳細計画案 | トップページ | 朝日社説:原発をどうするか―脱・依存へかじを切れ »

東日本大震災」カテゴリの記事