無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« レベル7 社説:東京、朝日 | トップページ | 原発周辺「20年住めない」と菅首相 »

2011年4月13日 (水)

雑記(162)山吹の花

桜の花びらが散って落ちている上で、山吹の花が咲いている。山吹の樹は中に白い海綿状の芯があり、子どもの頃はそれを短く切り出した篠竹の筒に詰めて「てっぽう」を作って遊んだものだ。いまの発泡スチロールのような感じで、珍しかった。
この写真は一重の山吹。山吹には八重もある。太田道灌の山吹の里の伝説では「七重八重花は咲けども山吹の……」とう詠われている。(高田)
201104130914

« レベル7 社説:東京、朝日 | トップページ | 原発周辺「20年住めない」と菅首相 »

「雑記」カテゴリの記事