無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 鳩山前首相が顧問に“返り咲き”改憲派民自公議員ら大会 | トップページ | 日米安保委を早期開催=震災復興通じ同盟深化-外相会談 »

2011年4月30日 (土)

受動喫煙と放射能を一緒くたに論時手どうする? 毎日新聞発信箱:ピンを探せ=布施広(論説室)

これが毎日新聞の論説室の議論か。驚いた。私も喫煙には批判を持っているし、喫煙していないが、放射能と同列に論じることは、このところの原発問題の本質をそらすものだ。したり顔で、こんあことを言われたら、たまったものではない。大小をとわず、問題は問題だ、というのは時には大事だが、いまは原発をどうするという時なのだ。問題の焦点をぼかすトンデモナイ議論だ。(高田)
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20110428k0000m070134000c.html
発信箱:ピンを探せ=布施広(論説室)

 赤ちゃんが泣きやまない時は「ピンを探せ」と言ったのはフランスの思想家アランである。遺伝やら親の性質やら、あれこれ思いわずらう前に、赤ちゃんの肌を刺すものがないか探してみよ、というのだ。

 もちろん一般論だが、原発事故についても似たようなことが言える。有識者は「放射線被ばくを心配するより、たばこをやめた方がいい」と言うようになった。原発からある程度離れている人には喫煙や受動喫煙の方が身近で大きな危険ですよ、というのは冷静な指摘だ。気持ちも落ち着く。

 私はたばこを吸わないが、東北の被災地を訪れた際は、ハイブリッドの小さなレンタカーに少しばかりの支援物資を積み、援助活動に励む知人のために1カートンのたばこを持参した。ルールを守っての喫煙は一向にかまわないと私自身は考える。

 問題は受動喫煙だ。「あなたの喫煙の権利は認めるが、その煙を私が吸わないで生きる権利を認めてほしい」という自明の要求が、日本ではなかなか理解されない。先進国なのに受動喫煙対策が際立って遅れている。残念ながら、これが日本の特徴だ。

 もう一つの特徴は、核兵器や原子力に対する、ある種の潔癖さだろう。核兵器に対する「核アレルギー」を悪いとは思わないが、放射線を必要以上に怖がる傾向がないとは言えない。逆に、煙害はもっと怖がってもいいと思う。原発事故を通して二つの特徴が浮かび上がってきたようだ。

 受動喫煙による世界の死亡者は毎年60万人に達し、うち16万5000人を5歳未満の子供が占めるという世界保健機関(WHO)研究チームの推計もある。日本政府は7年前、国際条約を批准して受動喫煙防止を約束した。国家再建の時である。若い世代を傷つける「ピン」は早く取り除きたい。煙害も、放射線問題も。

« 鳩山前首相が顧問に“返り咲き”改憲派民自公議員ら大会 | トップページ | 日米安保委を早期開催=震災復興通じ同盟深化-外相会談 »

東日本大震災」カテゴリの記事