無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米の外務・防衛閣僚会合、日程再調整へ 原発対応で | トップページ | チェルノブイリとは異なる…レベル7に海外機関 »

2011年4月12日 (火)

東電、「チェルノブイリ超える懸念も」

無責任に、今まで否定してきたレベル7。松本氏がいうように、チェルノブィリを越えたらレベル8でも新設するのか。(高田)

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/dst11041212400027-n1.htm
東電、「チェルノブイリ超える懸念も」
2011.4.12 12:39
 東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は12日午前の記者会見で、政府が同日、福島第1原発事故を国際的な評価に基づく事故評価を最悪の「レベル7」に引き上げたことについて、「福島第1原発は放射性物質の放出を止め切れておらず、(放出量は)チェルノブイリ原発事故に匹敵、または超える懸念がある」との認識を示した。

 原子力安全・保安院は同日午前の会見で、福島第1原発事故の放射性物質の放出量について、チェルノブイリ原発事故の1割とみられるとしている。ただ、福島第1原発では1~3号機の圧力容器や格納容器が損傷している恐れがあり、松本本部長代理は「原子炉から放射性物質が100%外に出れば、チェルノブイリを超える可能性もある」と説明した。

« 日米の外務・防衛閣僚会合、日程再調整へ 原発対応で | トップページ | チェルノブイリとは異なる…レベル7に海外機関 »

東日本大震災」カテゴリの記事