無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 山口公明代表、「住めない」発言は無責任=社民・又市氏も批判 | トップページ | 東日本大震災:支え合う「吉里吉里人」 独立精神で復旧 »

2011年4月14日 (木)

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

政府はこの情報を直ちに検証し、広報すべきだ。真実なら、大変なことだ。(高田)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000112-yom-sci

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

読売新聞 4月14日(木)3時15分配信
 東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。

 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

最終更新:4月14日(木)3時15分

読売新聞

« 山口公明代表、「住めない」発言は無責任=社民・又市氏も批判 | トップページ | 東日本大震災:支え合う「吉里吉里人」 独立精神で復旧 »

東日本大震災」カテゴリの記事