無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 復興基本法の共同提出を=石破氏が玄葉氏に提案 | トップページ | 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か »

2011年4月19日 (火)

福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000859-yom-sci

福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解

読売新聞 4月18日(月)20時48分配信
 経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は18日の記者会見で、1~3号機の核燃料が「溶融していると思われる」と述べ、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした。

 保安院はこれまで、核燃料の損傷が3%以上としてきたが、「溶融」との見解を出したのは初めて。

 保安院は炉心の壊れ具合によって3段階に定義されると報告。「炉心損傷」は、焼き固めた燃料(ペレット)を覆う金属の被覆管が壊れているが、燃料体の形は崩れていない状態。ペレットの一部が溶けだしている状態を「燃料ペレットの溶融」、溶けた燃料が下に落ちていくのを「メルトダウン(炉心溶融)」とした。

 その上で、「ペレットが溶融している」とした理由について、2、3号機は「ペレットが溶融して生じる放射性物質が高濃度の検出された」ことを、1号機は「水素爆発に至った」ことを挙げた。

最終更新:4月18日(月)22時47分

読売新聞

« 復興基本法の共同提出を=石破氏が玄葉氏に提案 | トップページ | 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か »

東日本大震災」カテゴリの記事