無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 菅首相は同盟の強固な支持者に=震災支援踏まえ-米軍司令官 | トップページ | 日韓射程の弾道弾、800発以上=北朝鮮が保有-米軍高官 »

2011年4月 7日 (木)

日中間に「不測の事態」=中国軍近代化で可能性-防衛研

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011040700077
日中間に「不測の事態」=中国軍近代化で可能性-防衛研

 防衛省のシンクタンクの防衛研究所は6日、日本周辺の安全保障環境を分析した2011年版「東アジア戦略概観」と、「中国安全保障リポート」を公表した。リポートは、中国の軍事力の近代化を踏まえ、日中間で「不測の事態」が起きる可能性があるとしている。
 リポートは、中国海空軍の最近の活動などを分析する目的で初めて作成された。それによると、中国海軍の活動範囲が拡大し、「第4世代戦闘機」などが増加しているとし、「海、空域で自衛隊と人民解放軍との間で不測の事態が発生する可能性は否定できない」と懸念を示した。
 さらに、東シナ海で10年4月、中国海軍ヘリコプターが海自護衛艦に近接飛行したことを挙げ、「こうした状況を踏まえれば、日中間の軍事外交や防衛交流には、危機管理機能も求められる」と指摘した。 
 一方、概観は北朝鮮情勢に関し「金正日体制は、経済が向上せず国民の支持の固さに不安を覚える中で、軍幹部の忠誠心を体制安定のよりどころととらえている」と分析している。(2011/04/07-07:03)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110407k0000m040176000c.html
防衛研:初の中国レポート 軍事力増強・拡大に警戒感

 防衛省の防衛研究所は6日、中国の軍事動向を分析する「中国安全保障レポート」を発表した。防衛研が中国に特化した報告書を公表するのは初めて。中国の軍事力増強の背景には経済成長による国益維持の狙いがあり、中国軍にとっては海洋権益や資源輸送ルートの確保が「新たな任務となっている」と分析している。

 昨秋の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件など中国との緊張の高まりを背景にまとめた。中国海軍などが近年、東シナ海などでの「遠海訓練」を常態化させるなど活動範囲を拡大していると指摘。領土だけでなく、海洋や宇宙、サイバー空間など「地理的にも内容的にも拡大しつつある新たな国益を守る必要性を認識するようになった」と警戒感を示した。

 戦闘機や潜水艦など中国軍の装備の近代化も紹介し、自衛隊と中国軍の間で「不測の事態が発生する可能性は否定できない」と指摘。そうした事態を防止する連絡システムの協議や防衛交流が深まっておらず、政府間の相互信頼の不足が影響していると分析した。

 リポートは、東アジア全域の安全保障を扱う11年版の年次報告書「東アジア戦略概観」と合わせて発表された。ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問について、3年間で日本の首相が頻繁に交代したことによる「日本軽視」を一因に挙げた。【犬飼直幸】

« 菅首相は同盟の強固な支持者に=震災支援踏まえ-米軍司令官 | トップページ | 日韓射程の弾道弾、800発以上=北朝鮮が保有-米軍高官 »

「国際情勢」カテゴリの記事