無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 5・3憲法集会実行委員会新宿東口街宣(4月26日) | トップページ | 外相一転訪米、29日から=補正審議欠席に野党理解 »

2011年4月27日 (水)

<ロシア>原発安全利用で提案 「福島事故を考察」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110427-00000016-mai-int

<ロシア>原発安全利用で提案 「福島事故を考察」

毎日新聞 4月27日(水)9時44分配信
 【モスクワ大前仁】ロシア大統領府は26日、メドベージェフ大統領が国際社会に対して呼びかけた原発の安全利用に関する提案の概要を明らかにした。同府は「福島第1原発事故の結果を考察した」うえで提案をまとめており、安全利用に関する国際協定の締結や、国際原子力機関(IAEA)における規則の追加を呼びかけている。

 提案は▽原発利用国が事故時に迅速に対応する責任を厳格化▽利用国や国際機関の間で、事故に備えた規定を新設▽地震の起きやすい地帯などで原発を新設する際の基準の厳格化▽情報公開基準の設定--などを求める内容。メドベージェフ大統領は5月26日からフランス・ドービルで開かれる主要8カ国(G8)首脳会議で正式提案する考えを示している。

 ロシア大統領府は今回の概要について、IAEA、G8各国、インドや中国など新興経済5カ国で形成するBRICSの参加国、旧ソ連諸国による独立国家共同体(CIS)の構成国へ伝えたという。

 国営原子力企業ロスアトムによると、ロシアは国内で10基、国外で7基の原発を建設中。国内のインフラ整備のために原発建設を進めるとともに、原発輸出を経済外交の柱に据えている。このため福島原発事故の影響を受けて、国内外で反原発の機運が拡大する前に、安全利用の厳格化をアピールする狙いがありそうだ。

« 5・3憲法集会実行委員会新宿東口街宣(4月26日) | トップページ | 外相一転訪米、29日から=補正審議欠席に野党理解 »

東日本大震災」カテゴリの記事