無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解 | トップページ | 自衛官、原発怖くてパニック・逃走…懲戒免職 »

2011年4月19日 (火)

牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か

直近のWORLD PEACE NOWの声明が「核はあらゆる<いのち>と共存できない」と断言したが、こういうところにもあらわれているなあ。犬や猫のことも考えると、どれだけのいのちが失われることになるだろうか。海や野の生き物たちもしかりだ。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000662-yom-soci

牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か

読売新聞 4月19日(火)14時33分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、避難指示区域(原発の20キロ圏内)に牛約3000頭、豚約3万匹、鶏約60万羽が取り残されたことが19日、福島県の調べでわかった。

 避難指示から1か月以上が過ぎ、すでに多数が死んだとみられる。生き残っている家畜について、畜産農家らは「餓死を待つなんてむごい。せめて殺処分を」と訴えるが、行政側は「原発問題が収束しないと対応しようがない」と頭を抱えている。

 県によると、20キロ圏内は、ブランド牛「福島牛」の生産地や大手食品メーカーの養豚場などがあり、畜産や酪農が盛んな地帯。しかし、東日本大震災発生翌日の3月12日、同原発1号機が爆発し、避難指示が出たため、畜産農家や酪農家は即日、家畜を置いて避難を余儀なくされた。

最終更新:4月19日(火)14時33分

« 福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解 | トップページ | 自衛官、原発怖くてパニック・逃走…懲戒免職 »

東日本大震災」カテゴリの記事