無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米軍専門部隊と自衛隊、原発事故想定し共同訓練 | トップページ | 2プラス2 震災対応優先で先送り »

2011年4月10日 (日)

意味のあるものには見えない 2プラス2で知事2011年4月9日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-175896-storytopic-3.html
意味のあるものには見えない 2プラス2で知事2011年4月9日   

 仲井真弘多知事は8日午前の定例記者会見で、普天間飛行場返還・移設問題に関連し、大型連休中に見込まれていた日米安全保障協議委員会(2プラス2)が、6月以降に延期される見通しとなったことに「(県外移設断念の)納得いく説明がなく、名護市長が強く反対している以上、県外(移設)が早い。できないことをやるといっても、意味のあるものには見えない」と、頭越しに県内移設を進める日米両政府を批判。県外移設要求を堅持する姿勢を強調した。
 米軍基地問題を含めた総合的安全保障の研究機関について、「来年4月1日までに、県庁内の組織改正でやっていきたい」と述べ、来年度に開設する意向を示した。
 東日本大震災に対する在日米軍の支援に関し「日米同盟関係の証左。評価したい」とした上で、沖縄の基地問題については「地位協定見直し、普天間の県外移設、過重な基地負担軽減、事件事故をなくすことは当然進めるべきことだ」と強調した。
 震災の影響で、政府との新たな沖縄振興の協議が停滞していることに、「震災復興は最優先にすべきだが、着実に進めてもらいたい」と強調。単純延長など「つなぎ法案」は「考えていない」とし、「年度内(の新法、新振興計画策定)は可能だと思っている」との見方を示した。
 前在沖米総領事で米国務省日本部長だったケビン・メア氏が米国務省を退職したことに「沖縄と米国の関係は歴史もある。信頼を持った関係が基本だ」との認識を示した。

« 米軍専門部隊と自衛隊、原発事故想定し共同訓練 | トップページ | 2プラス2 震災対応優先で先送り »

日米関係」カテゴリの記事