無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 石原知事が一転、4選出馬へ 都議会で正式表明 | トップページ | 福島第一原発1号機、溶融開始か 爆発的な反応の恐れも »

2011年3月12日 (土)

2プラス2 来月29日軸に調整

日米当局はこれで2+2開催を強行するつもりだ。この人びとは辺野古の合意と、安保の再々定義を進めようとしている。辺野古を当局が合意しても、沖縄が許さない。知事がおれることを見込んで進めようとしているが、メア発言も含めて、それは容易ではないことを知るべきだ。(高田)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-11_15279/

2プラス2 来月29日軸に調整
政治

2011年3月11日 09時45分                        
(28時間17分前に更新)

 【東京】日米両政府は10日、外務・防衛当局の局長級協議を防衛省で行い、大型連休中の4月29日を軸に日米安全保障協議委員会(2プラス2)の開催を最終調整する方針を確認した。キャンベル米国務次官補は10日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設について「今のプランを実現するためにどうすればいいか話し合われた」と述べ、名護市辺野古沿岸へのV字案を念頭に協議していることを示唆した。

 次回2プラス2についてキャンベル氏は「春の早い時期を目指している」とし、「間もなく日付が発表できると思う」と述べた。外務省幹部は記者団に「進展はあった」と話した。日米両政府は、普天間の代替施設の形状や位置を次回2プラス2で確定すると合意している。

 キャンベル氏とグレグソン米国防次官補らは10日、松本剛明外相と会談。キャンベル氏は「2プラス2の最善の準備をするために東京へ来た。非常にホットな進捗(しんちょく)をみることができた」と述べた。

 同日は北沢俊美防衛相とも会談した。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-10_15243/

普天間代替、V字案で日米大筋合意 予算獲得へ議会対策か
政治
   
2011年3月10日 09時51分                        

 【平安名純代・米国駐在契約記者】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐり、日本側が提案した滑走路1本の「I字案」を断念し、米側が主張していた滑走路2本の「V字案」で日米が大筋合意していたことが9日、分かった。複数の米政府筋が明らかにした。

 10日に防衛省で開かれる日米外務・防衛当局の局長級協議で代替施設に関する位置や配置、工法について調整。5月に予定される外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)での正式合意を目指す。

 米議会は今春に在沖海兵隊のグアム移転計画に関する2012会計年度(11年10月~12年9月)の予算案をまとめる予定。2プラス2までに代替施設計画完了などの提示を求めており、実現性より議会対策を優先させたみられる。

 米国防総省高官は「計画が頓挫した場合、米軍の戦略に大きな影響を与えるのは、普天間よりグアムでの新基地計画。普天間移設問題のこれまでの流れや県内移設に強く反対する沖縄県民の感情を考えるとV字滑走路案は現実味が薄い。予算獲得を念頭に置いたものではないか」と実現性を疑問視した。

 同飛行場の代替施設の滑走路をめぐり、米側は06年にロードマップで示されたV字案を最善とする姿勢は崩していない。日本側は非公式に打診したV字沖合移動案について危険性や騒音の影響を小さく抑え、沖縄の理解が得やすいと主張しており、10日の協議で協議する。

« 石原知事が一転、4選出馬へ 都議会で正式表明 | トップページ | 福島第一原発1号機、溶融開始か 爆発的な反応の恐れも »

日米関係」カテゴリの記事