無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 和の文化「ゆすりの手段に使う」 メア米日本部長が発言 | トップページ | 外相辞任「もういいかげんにして、と言いたい」 »

2011年3月 7日 (月)

【私説・論説室から】/防衛省に無視される制度

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2011030702000037.html
【私説・論説室から】/防衛省に無視される制度

2011年3月7日

 防衛省は多発する自衛官の自殺に有効な防止策を打ち出していない。自衛隊初の戦地派遣となったイラク派遣の三年間、自殺者は毎年九十人を超えた。その後は八十人前後と高止まりしたままだ。

 二〇〇九年度の十万人当たり自殺者は一般公務員の二十一人に比べ、自衛官は三十三人と一・五倍。自殺の理由を「いじめ」と認定した判決もある。

 今年一月、横浜地裁は護衛艦「たちかぜ」の乗員の自殺は上官のいじめが原因とした。護衛艦「さわぎり」でも同様の判決が〇八年に出た。静岡では自殺した航空自衛官の両親が国を相手取った裁判が続く。

 〇九年度、自衛隊の私的制裁は二十四件あった。これとは別の暴行・傷害・脅迫六十件の中にも、いじめが含まれる。いじめ=自殺の芽は育ちつつある。

 社民党は昨年、欧州で採用されている軍事オンブズマン(苦情調査官)制度の導入を提案した。

 ドイツの場合、〇八年の十万人当たりの兵士の自殺者は七人と一般国民の十一人より少なかった。待遇の不満をだれでも軍事オンブズマンに訴えることができる。事務局は国内外で抜き打ち検査を実施し、毎年国会に報告する。

 収賄罪などで収監された鈴木宗男元衆院議員も制度導入を求めたが、防衛省は「検討していない」と消極的だ。見られたくない不都合が自衛隊にはあるのだろうか。 (半田 滋)

« 和の文化「ゆすりの手段に使う」 メア米日本部長が発言 | トップページ | 外相辞任「もういいかげんにして、と言いたい」 »

「国内情勢」カテゴリの記事