無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 対中ODA、減額指示=経済成長を考慮-前原外相 | トップページ | 「中国で民主革命起きない」=自民部会で丹羽大使 »

2011年3月 2日 (水)

北方領土に地対空ミサイル配備か=日本をけん制-ロシア

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011030101035
北方領土に地対空ミサイル配備か=日本をけん制-ロシア

 【モスクワ時事】ロシア軍参謀本部高官は1日、北方領土に地対空ミサイルと武装ヘリコプターが配備されるとの見通しを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。
 北方領土の軍備強化の一環で、日本の領土要求をけん制する狙いとみられる。
 地対空ミサイルは「Tor-M2」で、飛来する巡航ミサイルや敵機など四つの標的を同時に攻撃する能力を持つとされる。
 一方、武装ヘリは「Mi28」で、対戦車戦能力を持つほか、空対空ミサイルを搭載。択捉島に配備される見込みという。 
 メドベージェフ大統領は2月9日、「北方領土はロシアの不可分の領土」として安全保障強化をセルジュコフ国防相に指示していた。(2011/03/01-22:13)

« 対中ODA、減額指示=経済成長を考慮-前原外相 | トップページ | 「中国で民主革命起きない」=自民部会で丹羽大使 »

「国際情勢」カテゴリの記事