無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島第一2号機も冷却機能が停止 | トップページ | 原発また爆発―大量被曝を回避せよ »

2011年3月15日 (火)

北茨城で放射線量上昇 茨城県が発表

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150089.html
北茨城で放射線量上昇 茨城県が発表

2011年3月15日9時15分

 茨城県は15日未明、福島との県境の北茨城市で測定している大気中の放射線量が午前0時20分から上昇を始めた、と発表した。午前5時50分には1時間あたり5575ナノグレイに達した。県原子力安全対策課によると、この値は胸部レントゲン1回で浴びる放射線量5万ナノグレイの約10分1にあたり、健康に影響はないとみられるという。

 値は上昇と下降を繰り返している。県は、東京電力福島第一原発の爆発で放出された放射性物質が風で運ばれてきた可能性が高いとみており、「今後の見通しは全く分からない」としている。

« 福島第一2号機も冷却機能が停止 | トップページ | 原発また爆発―大量被曝を回避せよ »

「国内情勢」カテゴリの記事