無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 琉球新報社説:米軍の災害支援 それでも普天間はいらない2011年3月18日 | トップページ | リビア爆撃 「無差別攻撃停止を」 露、多国籍軍を批判(これでいいのか) »

2011年3月21日 (月)

原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言

採録が遅くなったが、見逃せない発言なので備忘録として掲載しておく。
原子力行政の継続を主張する米倉氏の住友化学は原発から撤退したと聞くが、系列の住友商事などは原発関連事業と直接関係がある。(高田)


http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/278915.html
原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言

(03/17 10:55)

 日本経団連の米倉弘昌会長は16日、東京都内で記者団に対し、福島第1原発の事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と述べ、国と東京電力を擁護した。米スリーマイルアイランドの原発事故を上回る重大事故との見方が強いだけに、発言は波紋を広げそうだ。

 米倉会長は事故は徐々に収束の方向に向かっているとし「原子力行政が曲がり角に来ているとは思っていない」と発言。「政府は不安感を起こさないよう、正確な情報を提供してほしい」と話した。

 一方、日本商工会議所の岡村正会頭は同日開かれた定例会見で「放射能の放出は、国民が最も不安を抱く。正確かつ迅速な情報提供を望む」と要望。その上で「原発の建設基準を向上させるしかない。見直しの期間だけ、(建設が)延伸されることは当然起こりうる」と述べ、今後もエネルギー供給の一定割合は原発に依存せざるを得ないとの認識を示した。

« 琉球新報社説:米軍の災害支援 それでも普天間はいらない2011年3月18日 | トップページ | リビア爆撃 「無差別攻撃停止を」 露、多国籍軍を批判(これでいいのか) »

「国内情勢」カテゴリの記事