無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政府と東電すれ違い、作業員退避巡り押し問答 | トップページ | 核エネルギー 再検討の動き/中南米でも広がる »

2011年3月17日 (木)

「きょう限度、決心」 ヘリの水投下で防衛相

今日が限度って、並みの言葉ではないよね。そういう事態だと彼らも考えているんだね。それなら、「大丈夫、大丈夫」、「レントゲンと比べると」、なんてことばかり言っているのではなく、事態を正確に市民に知らせなさい。(高田)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011031702000184.html
「きょう限度、決心」 ヘリの水投下で防衛相

2011年3月17日 夕刊

 北沢俊美防衛相は十七日、陸自ヘリコプターによる東京電力福島第一原発3号機への水の大量投下を受けて記者会見を行った。

 北沢氏は十七日朝にヘリによる投下を実行したことについて、「十六日は(上空の放射性物質)濃度が高いため、撤退した。しかし、地上からの放水が決断できない状況下で、きょうが限度であると決心した」と指摘。

 放射性物質の濃度に変化がみられなかったものの、十七日早朝、菅直人首相と協議の上、投下に踏み切ったことを明らかにした。

 北沢氏は投下の結果について「間違いなく3号機にかかった」と説明。「水が使用済み核燃料プールに入ることで冷却効果が期待できる」と述べた。

« 政府と東電すれ違い、作業員退避巡り押し問答 | トップページ | 核エネルギー 再検討の動き/中南米でも広がる »

「国内情勢」カテゴリの記事