無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政府の対応批判=原発爆発「不利な情報開示を」-野党 | トップページ | 「とんでもないことに」「裏切られた」=住民ら、原発爆発に憤り-福島 »

2011年3月13日 (日)

3号機 燃料棒は露出から回復

http://www3.nhk.or.jp/news/

   

3号機 燃料棒は露出から回復
3月13日 13時53分
東京電力の福島第一原子力発電所3号機で原子炉を冷やす水の高さが下がり、燃料棒の一部が露出したと推定されると政府が午前中の記者会見で発表しましたが、これについて東京電力が、原子炉の水の高さを明らかにしました。それによりますと、13日午前11時現在で燃料棒が水面の上1メートル30センチほど露出しましたが、30分後の午前11時半に計測したところ、燃料棒の上、2メートル10センチにまで上昇したということです。原子炉に真水を入れる作業を続けており、水位は安定していると言うことです。水の高さが回復した要因について、東京電力は「原子炉の中の圧力を下げたり、原子炉に真水を流し込んだりしたことで水面が上がったとみている」と話し、引き続き監視を続けていくとしています。

« 政府の対応批判=原発爆発「不利な情報開示を」-野党 | トップページ | 「とんでもないことに」「裏切られた」=住民ら、原発爆発に憤り-福島 »

「国内情勢」カテゴリの記事