無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 2プラス2 来月29日軸に調整 | トップページ | 「しかし大丈夫だから」という説明ばかりで、事態は悪化していく »

2011年3月12日 (土)

福島第一原発1号機、溶融開始か 爆発的な反応の恐れも

これは黙ってみていられない事態がすすんでいますね。(高田)

http://www.asahi.com/national/update/0312/TKY201103120408.html
福島第一原発1号機、溶融開始か 爆発的な反応の恐れも

 経済産業省の原子力安全・保安院は12日午後2時すぎに記者会見を開き、東京電力福島第一原子力発電所の1号機(福島県大熊町)で、原子炉内の燃料の溶融が進んでいる可能性が高い、と発表した。

 放射線医学総合研究所が原子炉敷地内で、燃料中に含まれる核分裂生成物であるセシウムを確認した。

 1号機の燃料Aの水位は、マイナス90センチがマイナス170センチまで下がり、燃料が水面から露出しているとみられる。燃料Bの水位についても、80センチから145センチまで下がっていることが確認されたという。格納容器内の圧力は750キロパスカルが754キロパスカルで、圧力は比較的安定している。

 炉心溶融は、想定されている原発事故の中で最悪の事態だ。これが進むと、爆発的な反応を引き起こして広く外部に放射能をまき散らす恐れもある。

« 2プラス2 来月29日軸に調整 | トップページ | 「しかし大丈夫だから」という説明ばかりで、事態は悪化していく »

「国内情勢」カテゴリの記事