無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間また火種 メア氏発言 沖縄が一斉反発 | トップページ | 民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」 韓国議員と“共同宣言” »

2011年3月 9日 (水)

憲法改正手続き緩和へ民自が議連

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/110309/stt11030908420001-n1.htm
憲法改正手続き緩和へ民自が議連
2011.3.9 08:41

 民主党の小沢鋭仁前環境相と自民党の山本有二元金融担当相が憲法改正手続きの緩和に向け、超党派の「憲法96条改正議員連盟」(仮称)を近く発足させることが8日、分かった。公明、みんな両党の幹部にも個別に参加を呼びかける。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110114/stt11011412190029-n1.htm
憲法改正要件を緩和 自民政策グループが96条改正案 超党派で実現目指す
2011.1.14 12:11

 自民党の政策グループ「のぞみ」(代表・山本有二元金融担当相)は14日、憲法改正の発議要件を衆参両院の「総議員の3分の2以上の賛成」から「2分の1以上の賛成」に引き下げる憲法改正原案をまとめた。憲法改正手続きを規定した96条の改正のみに絞り、3月末までに超党派の議員連盟を発足させ、通常国会への提出を目指す。

 96条改正をめぐっては、自民党の安倍晋三元首相が7日のCS番組収録で、民主、自民両党による「大連立」に関連し言及。「中身(の改正)は無理だが、2分の1にする改正だけはできる」と主張している。

« 普天間また火種 メア氏発言 沖縄が一斉反発 | トップページ | 民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」 韓国議員と“共同宣言” »

改憲動向」カテゴリの記事