無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 牛乳、ホウレンソウ、基準超える放射線=「直ちに健康に影響せず」-枝野官房長官 | トップページ | 自衛隊派遣、10万人超える 救助者数は1万9千人 »

2011年3月20日 (日)

<リビア>米英軍も参戦 艦船からトマホーク110発猛射

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000014-mai-int

<リビア>米英軍も参戦 艦船からトマホーク110発猛射

毎日新聞 3月20日(日)5時59分配信
ベンガジ上空で撃墜された戦闘機。左上は脱出したパラシュート=2011年3月19日、AP
 【北米総局】米国防総省は19日午後(日本時間20日未明)、米英両軍がリビアのカダフィ政権軍に対する攻撃を開始したことを明らかにした。リビア沖の地中海に展開する米英両軍の艦船から巡航ミサイルトマホーク計110発が発射されたという。攻撃に先立ち、ブラジル訪問中のオバマ米大統領は同日、「リビアの市民を守るために限定的な軍事行動を承認した」と述べるとともに、米軍の地上部隊をリビアに派兵する考えのないことを強調した。

【写真で見る】緊張続くリビア

 米国防総省によると、ミサイル攻撃は主にリビア西部の20カ所に向けて実施された。攻撃対象の多くは地対空ミサイルの発射拠点などで、飛行禁止空域確保のためリビア上空を飛行する多国籍軍機への脅威を取り除く狙いがあるという。ロイター通信は、軍事作戦には米英のほかにフランス、カナダ、イタリアが参加していると報じた。

 一方、リビア国営テレビは19日夜、首都トリポリの民間人地区と西部ミスラタの燃料備蓄施設が攻撃されたと報道し、米英仏などを非難した。

« 牛乳、ホウレンソウ、基準超える放射線=「直ちに健康に影響せず」-枝野官房長官 | トップページ | 自衛隊派遣、10万人超える 救助者数は1万9千人 »

「国際情勢」カテゴリの記事