無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ねじれ議会予算攻防 日米憂う「政府閉鎖」 | トップページ | 【私説・論説室から】/防衛省に無視される制度 »

2011年3月 7日 (月)

和の文化「ゆすりの手段に使う」 メア米日本部長が発言

これが米国国務省の日本部長の発言なのだから、なにをかいわんやですね。(高田)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030601000386.html

和の文化「ゆすりの手段に使う」 メア米日本部長が発言

 ケビン・メア米国務省日本部長(前駐沖縄米総領事)

 米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、米大学生らに国務省内で行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言していたことが6日までに分かった。

 メア氏は米軍普天間飛行場の移設問題など日米交渉に実務者として深く関与、移設先を同県名護市の辺野古崎地区とした現行案決着を米側で強く主張してきた人物の一人。発言は差別的で、日本と沖縄への基本認識が問われる内容だ。

 講義を聞いた複数の学生がメモを基に作成した「発言録」によると、メア氏は「日本の和の文化とは常に合意を追い求める」と説明したうえで「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをしながら、できるだけ多くの金を得ようとする」と述べた。

 沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」などと発言。普天間飛行場は「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港と同じ」で特別に危険でないとし、日本政府は仲井真弘多・沖縄県知事に「お金が欲しいならサインしろ」と言うべきだと述べている。

 メア氏は共同通信の取材に、「オフレコで行った」とし、発言録は「正確でも完全でもない」としている。

 講義は米首都ワシントンのアメリカン大の学生ら14人に対し、彼らが東京と沖縄へ約2週間の研修旅行に出発する直前の昨年12月3日、大学側の要請で行われた。

« ねじれ議会予算攻防 日米憂う「政府閉鎖」 | トップページ | 【私説・論説室から】/防衛省に無視される制度 »

日米関係」カテゴリの記事