無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設、米に提示へ 「V字」55メートル南東移動 | トップページ | 対中ODA、減額指示=経済成長を考慮-前原外相 »

2011年3月 2日 (水)

共通戦略目標で詰めの調整=2プラス2へ審議官級協議-日米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2011030200198
共通戦略目標で詰めの調整=2プラス2へ審議官級協議-日米

 【ワシントン時事】日米両政府は1日、ワシントンで同盟関係の深化に関する外務・防衛当局の審議官級協議を3日間の日程で開始した。今春にも行う関係閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に向け、安保分野での日米協力の指針となる新たな「共通戦略目標」について詰めの調整に入った。
 関係筋によると、初日のこの日は、中国の近年の動向を踏まえた海洋や宇宙・サイバー空間の安全確保をめぐる日米の連携のほか、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関して主に意見を交わした。米側は2プラス2での代替施設計画確定を目指し、滑走路2本のV字案と1本のI字案の絞り込みを求めたもようだ。
 2日目以降は共通戦略目標の内容などを協議する予定。両政府は10日に東京で局長級の協議を行い、共通戦略目標の大枠を決めたい考え。
 これに関し、キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は1日の上院外交委員会に提出した書面で、「日米の軍事面の協力関係に関わる進展は、アジア太平洋地域の戦略環境の変化に対応するのに不可欠だ」と指摘。周辺事態などをにらんだ自衛隊と米軍の協力強化を図る方針を示した。(2011/03/02- 09:53)

« 普天間移設、米に提示へ 「V字」55メートル南東移動 | トップページ | 対中ODA、減額指示=経済成長を考慮-前原外相 »

日米関係」カテゴリの記事