無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« [日米局長級協議]こんな時に「辺野古」か | トップページ | 2プラス2 来月29日軸に調整 »

2011年3月11日 (金)

石原知事が一転、4選出馬へ 都議会で正式表明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000561-san-soci

石原知事が一転、4選出馬へ 都議会で正式表明

産経新聞 3月11日(金)13時17分配信
拡大写真
石原慎太郎東京都知事(写真:産経新聞)
 4月の東京都知事選に、不出馬の意向を固めていた石原慎太郎知事(78)が一転出馬することが11日、分かった。同日午後1時に開会した都議会本会議で正式に表明する。石原知事は10日の産経新聞のインタビューで、「俺が今度知事やったら、桟橋方式で南鳥島に飛行場を造る」などと出馬に前向きな姿勢を示していた。選挙に強い石原知事の出馬の影響は大きく、選挙戦の構図が一気に固まりそうだ。

 多選の弊害などを考慮して不出馬を決めていたが、出馬が予想される候補者の顔ぶれでは、有効投票数を獲得する候補者がおらず、再選挙となる可能性が浮上。石原知事は、都政の停滞による混乱を危惧して最終的に出馬する決断をした。

 関係者によると、石原知事は10日夜、長男で自民党の石原伸晃幹事長や、後継含みだった神奈川県の松沢成文知事(52)らと会談。石原知事は、「松沢君はかわいそう。俺が出ても出なくても通らない」と松沢知事の行方を心配しており、今後の処遇についても協議したという。

 石原知事は2月下旬までに不出馬の意向を周辺に伝達。だが、今週に入り、自民党側から独自に行った世論調査の結果が示され、石原知事が出馬しなかった場合、有効投票総数の4分の1以上を獲得する候補者がおらず、再選挙になることが指摘されると、態度を変化させた。自らの路線継承が困難になることや、都政が混乱する可能性を危惧していたという。

« [日米局長級協議]こんな時に「辺野古」か | トップページ | 2プラス2 来月29日軸に調整 »

「国内情勢」カテゴリの記事