無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« メア日本部長更迭=米次官補「ゆすり」発言謝罪-外相と会談、後任デミング氏 | トップページ | 民主・土肥議員「竹島、領土と言えぬ」 放棄求め、韓国で署名 »

2011年3月10日 (木)

異例人事、後任日本部長デミング氏は知日派大物

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110310-OYT1T00511.htm
異例人事、後任日本部長デミング氏は知日派大物

 【ワシントン=小川聡】国務省日本部長に任命されたラスト・デミング氏は、大使経験もある知日派の元外交官だ。

 元大使を課長級の日本部長に起用する異例の人事は、5月の大型連休中に予定される「日米安保協議委員会(2プラス2)」の開催、6月下旬以降の首相訪米など、外交日程を控え、日米同盟が不安定化するのを避けようという米政府の強い意思の表れといえる。

 デミング氏は1991~93年に国務省日本部長、98~2000年に筆頭国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)を務め、日米関係に通じている。チュニジア大使を務めた後に退官し、現在はジョンズ・ホプキンス大学の日本研究非常勤教授となっている。

 更迭されたメア氏はもともと今夏に異動する予定で、後任者も内定している。デミング氏の起用は、2プラス2などへの対応だけを想定した「ショートリリーフ」の可能性もある。
(2011年3月10日12時10分  読売新聞)

« メア日本部長更迭=米次官補「ゆすり」発言謝罪-外相と会談、後任デミング氏 | トップページ | 民主・土肥議員「竹島、領土と言えぬ」 放棄求め、韓国で署名 »

日米関係」カテゴリの記事