無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島第一原発3号機で水素爆発 屋内待避呼びかけ | トップページ | 福島第一2号機も冷却機能が停止 »

2011年3月14日 (月)

原子力資料情報室が報じる事故 : 福島第一3号炉の巨大爆発

http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1012
事故 : 福島第一3号炉の巨大爆発(その2)
 
    投稿者: 原子力資料情報室 投稿日時: 2011/3/14 12:44:11 (5587 ヒット)  

          福島第一3号炉の建屋の骨組みが壊れて,残骸のようなものがのこっています.吹き飛んだか,熔け落ちている.大きな火の玉が見えました.

放射能の雲(キノコ雲)が立ち上がりのあとに,大きな塊が数個ぱらぱらの落下している様子が見えました.

俯瞰の映像では,格納容器はみえません.

プルトニウム燃料を装荷している3号炉ですから,燃料の融点が通常燃料より低いことから炉心熔融事故の危険が高い性質があります.

周辺の放射線が上昇しています.この爆発でかなりまとまった量の放射能が放出した可能性が高いです.

西風にのった放射能運が海側に流れているため,東京電力の測定は放射能の実際の値を反映していません.

東京におくらている原子炉のデータが信頼できる根拠はないと思います.

原子力資料情報室での放射線の測定結果
AM 12:00 0.05-0.10マイクロシーベルト/時

« 福島第一原発3号機で水素爆発 屋内待避呼びかけ | トップページ | 福島第一2号機も冷却機能が停止 »

「国内情勢」カテゴリの記事