無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 3月29日、原子力資料情報室公開研究会 | トップページ | 大連立、総裁以外の入閣望ましい=森元首相、谷垣氏に伝える »

2011年3月30日 (水)

中学教科書、25%ページ増=脱ゆとり、イオンや文豪復活―全社が竹島・尖閣記述

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000100-jij-soci

中学教科書、25%ページ増=脱ゆとり、イオンや文豪復活―全社が竹島・尖閣記述

時事通信 3月30日(水)15時9分配信
 文部科学省は30日、2012年度から中学で使用される教科書の検定結果を発表した。新学習指導要領に基づく「脱ゆとり」路線が、昨年検定対象となった小学校教科書に続いて鮮明になり、全教科の平均ページ数が現行版と比べて25%増え、理科と数学はそれぞれ45%と33%増加。イオン(3年理科)や2次方程式の解の公式(3年数学)などが本格的に復活した。
 「我が国と郷土を愛する」とうたった改正教育基本法を反映し、領土に関する記述が増えた。社会の教科書を発行する全7社が竹島と尖閣諸島について触れ、「日本国固有の領土」などと書き込んだ。「伝統文化」の記述も、各教科を通して増加した。
 現行学習指導要領下で学ぶ内容を大幅に削減した00年度検定(02年度使用開始)以来、10年ぶりの全面的な見直し。当時と比べると、ページ数は全教科平均で36%、理科78%、数学63%の増に達した。国語は森鴎外など近代以降の代表的作家の作品が充実、社会は国内各地域の学習などが復活し、英語は取り扱う単語が900語から1200語に増えた。
 各社は、知識詰め込みに戻るのではなく、論理的に考え、表現する力を育成することや、知識と実生活を関連付けることに工夫を凝らした。一度学んだことを復習させ定着を図る「反復」もふんだんに取り入れられ、数学では全体の2~13%を占めた。ただ、02年度から実施されている週休2日制は変わらず、授業時間の増加は学習内容増に追い付いていない。同省は「全てを教える必要はない」としており、今後は学校現場の工夫が必須となる。

« 3月29日、原子力資料情報室公開研究会 | トップページ | 大連立、総裁以外の入閣望ましい=森元首相、谷垣氏に伝える »

「国内情勢」カテゴリの記事