無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米防衛 9条が障害 米議会調査局/改憲の期待示唆 | トップページ | 社民、民主と予算修正協議へ=福島党首は普天間撤回要求 »

2011年2月11日 (金)

共通戦略目標で事務協議=春の2プラス2に向け-日米

6月の菅訪米と日米首脳会談に向けた地ならしが、この安保高級事務レベル協議と、春の2プラス2で行われる。万が一、菅政権が春に倒れても、日米関係の「深化」は予定通り進めるとの米国と日本官僚の意志の表明だ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
共通戦略目標で事務協議=春の2プラス2に向け-日米

 【ワシントン時事】日米両政府は、外務・防衛担当局長らによる安全保障高級事務レベル協議を10日、ワシントンの国務省で開き、同盟深化に向けて日米が追求する新たな「共通戦略目標」について協議した。
 米軍普天間飛行場移設問題のほか、北朝鮮の核・ミサイル開発や海洋進出を活発化させる中国への対応などを協議。また、急激な安全保障環境の変化や脅威の多様化に対応するために、米軍と自衛隊の相互運用能力の向上を目指し、日米の役割、任務、能力の在り方に関しても意見を交わしたとみられる。
 春にも開く日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で共通戦略目標を策定する。この日の協議には日本側から、梅本和義外務省北米局長、高見沢将林防衛省防衛政策局長、米側からはキャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補が参加した。(2011/02/11-09:37)

« 日米防衛 9条が障害 米議会調査局/改憲の期待示唆 | トップページ | 社民、民主と予算修正協議へ=福島党首は普天間撤回要求 »

日米関係」カテゴリの記事