無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 衆院16人が会派離脱表明=小沢氏系、首相退陣を要求-再可決絶望的・民主 | トップページ | 今春の計画確定に期待=普天間移設で米軍高官 »

2011年2月18日 (金)

沖縄基地「完全撤去も可能」=米大使館幹部、日本側に助言

日本政府の奴隷根性が沖縄を苦しめてきたことになる。
この事実は外交交渉による対米関係の見直しも不可能ではないことの証明でもある。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011021800225
沖縄基地「完全撤去も可能」=米大使館幹部、日本側に助言

 日本政府が沖縄返還を米国との交渉のテーブルに乗せようとしていた1967年7月、在日米大使館のザヘーレン参事官が「日本が強く決意すれば、米軍基地の完全撤去にせよ、基地付きの沖縄返還にせよ、何でも米側にのませ得るはずだ」と水面下で日本側に助言していたことが、18日公開の外交文書で分かった。
 この文書は、外務省の枝村純郎北米課長が7月17日に行った同参事官との懇談内容を書き留めた「極秘」扱いのメモ。同参事官は「離任前に話したいことがある」と枝村氏を呼び出し、「米国は日本か沖縄かの選択を迫られた場合、日本を取らざるを得ない。日本は自ら気付いている以上の強い立場にある」と、強気の交渉をアドバイスした。 
 ただ、「沖縄の施政権返還の方途」と題された極秘文書によると、日本政府は遅くとも同年8月10日の段階で「全面撤去は沖縄の米軍が重要な役割を果たしているとの政府の立場と両立しない」と判断し、完全撤去の選択肢を除外した。(2011/02/18-10:16)

« 衆院16人が会派離脱表明=小沢氏系、首相退陣を要求-再可決絶望的・民主 | トップページ | 今春の計画確定に期待=普天間移設で米軍高官 »

日米関係」カテゴリの記事