無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米国の国家軍事戦略要旨  | トップページ | 「あしき隣人」発言を釈明=官房長官 »

2011年2月10日 (木)

自衛隊の国外活動に不満=国際貢献で韓国と対比-米国家軍事戦略

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011020900957
自衛隊の国外活動に不満=国際貢献で韓国と対比-米国家軍事戦略

 【ワシントン時事】米軍制服組トップのマレン統合参謀本部議長が8日に公表した新たな国家軍事戦略は、不安定化するアジアへの米軍シフトを鮮明にし、日米韓の同盟の重要性を強調する一方で、日本に対しては、暗に自衛隊の国外活動参加を促した。韓国の国際貢献と対比させており、自衛隊の海外派遣をめぐる日本の対応に不満を示した形だ。
 同戦略は、「自衛隊の域外での運用能力改善に協力する」との記述に続き、「韓国は世界で米国が取り組む安全保障の努力を支援する確固たる同盟国であることを証明してきた」と称賛した。
 同戦略は、昨年決定された国防計画見直し(QDR)に基づき、米軍の運用指針や優先課題を具体化したものだ。QDRも「地球規模の安全保障への同盟国とパートナーの貢献を促進する」と強調していた。 
 戦略が自衛隊の域外活動に言及した背景には、オバマ政権が厳しい戦いを続けているアフガニスタンでの対テロ戦に自衛隊が参加していないことへの根強い不満があるとみられる。国際治安支援部隊(ISAF)によると、韓国は200人以上を派遣している。
 ゲーツ米国防長官は1月に訪日した際の記者会見で、「日米同盟は両国を団結させる利益と価値に基づく平等のパートナーシップであることを覚えておくことが重要だ」と述べ、同盟国としての役割分担と責任を果たすようくぎを刺していた。(2011/02/09-20:26)

« 米国の国家軍事戦略要旨  | トップページ | 「あしき隣人」発言を釈明=官房長官 »

日米関係」カテゴリの記事