無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経主張:在日米軍 抑止力は平和に不可欠だ | トップページ | 雑記(147)クロッカスが咲いた »

2011年2月19日 (土)

雑記(146)冬空の街路樹

ちょっと寒さを感じる朝。空を見上げると、雲もなんとも寒そう。
このところ、街では街路樹の剪定が流行っている。そんなにまで、伐らなくてもいいではないかと思うほど、都か区かはしらないが、しょっちゅう、伐っている。これもトウカエデの先端のほう。寒風の中で寒そうだ。
でも、春が来ると、これらの木々は力強く、若芽をだします。
落ち葉で足が滑って危険だ、とか、害虫が付いて人に害を与える、とか、さまざまな理由で剪定する。樹を植えるということは、樹と一緒に生きていくということは、そうしたことも受容するという前提ではないでしょうか。(高田)

201102190929

« 産経主張:在日米軍 抑止力は平和に不可欠だ | トップページ | 雑記(147)クロッカスが咲いた »

「雑記」カテゴリの記事