無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 離島奪還、輸送手段の「切り札」 フェリー、高速輸送艦に転用 防衛省検討 | トップページ | 対ステルス網構築へ 中ロに対抗 »

2011年2月21日 (月)

鳩山氏「方便とは真理を導く手段」 普天間発言を釈明

http://www.asahi.com/politics/update/0221/TKY201102200537.html
鳩山氏「方便とは真理を導く手段」 普天間発言を釈明

2011年2月21日5時1分

 鳩山由紀夫前首相は20日、米軍普天間飛行場の沖縄県内移設の理由に軍事的抑止力を挙げたことを「方便」だったとした自らの発言について「宗教では『方便』とは真理を導くための手段」と釈明した。北海道伊達市での講演で語った。

 鳩山氏は「方便」という表現について「真理、すなわち普天間を辺野古に移設しなければいけないということを決めていて、そこに導くための手段として、抑止力という考え方を申し上げた」と説明した。広辞苑(岩波書店)によると、「方便」は仏教用語で「衆生を教え導く巧みな手段。真理に誘い入れるために仮に設けた教え」との意味がある。

« 離島奪還、輸送手段の「切り札」 フェリー、高速輸送艦に転用 防衛省検討 | トップページ | 対ステルス網構築へ 中ロに対抗 »

日米関係」カテゴリの記事