無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 在日米軍再編関係経費/詳細明らかに/グアム・インフラ整備370億円初計上、空母艦載機移転費も増加/赤嶺議員に防衛省説明 | トップページ | 沖タイ社説:[稲嶺市長就任1年]「名護流」脱基地の挑戦 »

2011年2月12日 (土)

日本郵便、大量雇い止めへ 非正規数千人規模か

http://www.asahi.com/business/update/0211/TKY201102110289.html
日本郵便、大量雇い止めへ 非正規数千人規模か

2011年2月12日5時10分
 日本郵政グループの郵便事業会社(JP日本郵便)は、約16万人にのぼる非正規社員の一部について、3月末に切れる契約を更新しない「雇い止め」を全店規模で実施する。昨年夏の宅配便「ゆうパック」統合などで巨額の赤字を抱えたためだ。

 近く対象者に通告を始めるが、打ち切りは「数千人規模になる可能性もある」(幹部)という。

 日本郵便は、全国の支店で配達や仕分け業務に必要な非正規社員の規模の見直しに着手。今月に入り、希望退職を募り始めた。今後は配置転換などに応じるか聞いたうえで、非正規社員の大半が3月末に契約期間を満了することから、2月下旬から打ち切りの通告を始める。全店規模で退職を募るなどして雇い止めをするのは初めてという。

 日本郵便は昨年7月、「ゆうパック」と日本通運の「ペリカン便」を統合、それに伴う経費がかさんだ。大規模な遅配も起きて10年9月中間決算は928億円の営業損失を計上。通期でも1050億円の営業損失を見込む。このままではゆうパックだけで毎年1千億円規模の赤字が出るといい、先月末にまとめた経営改善策で人件費の削減を掲げていた。12年度の新卒採用を見送ることも決めた。

 日本郵便は昨年12月、非正規社員約6500人を正社員に登用した。非正規社員全体の必要な人数は絞り込む一方で、正社員化は今後も続けるという。(岡林佐和)

« 在日米軍再編関係経費/詳細明らかに/グアム・インフラ整備370億円初計上、空母艦載機移転費も増加/赤嶺議員に防衛省説明 | トップページ | 沖タイ社説:[稲嶺市長就任1年]「名護流」脱基地の挑戦 »

「国内情勢」カテゴリの記事