無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ミサイル第三国移転、年内に結論=対北朝鮮で連携、同盟深化加速-日米防衛相が会談 | トップページ | 在日米軍、安保条約の重要性強調=中国の威圧行動など指摘-ゲーツ長官講演 »

2011年1月13日 (木)

安保協力協議進展で一致 米国防長官、前原外相と会談

この連中の従米ぶりは度を超えている。ここまでアメリカにすり寄るのか。自公政権よりも度はずれているのではないか。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0113/TKY201101130238.html
安保協力協議進展で一致 米国防長官、前原外相と会談

 来日中のゲーツ米国防長官は13日午前、前原誠司外相と外務省で会談した。懸案の米軍普天間飛行場移設問題について、前原氏が「(沖縄県内移設を明記した)昨年5月の日米合意に沿って実施する方針に変わりない」と説明し、沖縄の負担軽減策への協力を改めて求めた。これに対しゲーツ氏は、普天間問題の進展に伴って、負担軽減を進める考えを示した。

 

前原氏は会談の冒頭、「日米の同盟関係をさらに強固に深化させるために、共通の戦略目標を定めて作業を進めるのはすばらしいことだ。共同声明をまとめるためにしっかりと連携して作業を進めていきたい」と述べた。

 これに対しゲーツ氏は「日米同盟はとても健全な状態であり、前向きな状態にある。次のステップについて話し合いたい」と応じた。

 両氏は菅直人首相の今春の訪米時にオバマ大統領と発表する日米同盟深化に向けた共同声明に向け、安全保障面での協力について具体的な協議を進めることで一致した。

 両氏は、6日の日米外相会談で合意した(1)外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を数カ月以内に開催(2)2005年策定の「共通戦略目標」の見直し――の方針を改めて確認。中国や朝鮮半島情勢についても意見交換し、ゲーツ氏は自身の訪中について「中国との建設的な関係をつくるのに資するためだ」と説明した。

 ゲーツ氏はこの後、菅首相、北沢俊美防衛相とも相次いで会談。菅氏は会談冒頭、「今年前半、(米国を)訪問して(オバマ大統領と)会談する予定だ。日米関係、日米同盟をより深化させるという方向でやっていきたい」と述べた。

 北沢氏との会談では、沖縄の負担軽減策として、嘉手納基地のF15戦闘機の訓練の一部をグアムに移転するとした日米合意を確認する見通し。北沢氏が先月閣議決定した「防衛計画の大綱」を説明し、武器輸出三原則の緩和なども議題になる可能性がある。北沢、ゲーツ両氏は会談後、共同記者会見を行う。

« ミサイル第三国移転、年内に結論=対北朝鮮で連携、同盟深化加速-日米防衛相が会談 | トップページ | 在日米軍、安保条約の重要性強調=中国の威圧行動など指摘-ゲーツ長官講演 »

日米関係」カテゴリの記事