無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米共同開発ミサイル、第三国移転へ基準策定 | トップページ | 空挺団の訓練を視察=防衛相 »

2011年1月 9日 (日)

通常国会に64法案提出…税制や関税審議を優先

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110108-00001029-yom-pol

通常国会に64法案提出…税制や関税審議を優先

 今月下旬召集の通常国会に、政府が提出を予定している法案の概要がわかった。

 法案は計64本で、条約案は計19本。このうち2011年度予算案の執行に必要な「予算関連法案」は26本ある。

 政府・民主党は、参院が過半数割れし、厳しい国会運営が予想されることから、法案に優先順位をつけて審議に臨む方針だ。〈1〉税制改正関連法案〈2〉関税定率法改正案〈3〉2011年度の子ども手当支給法案――などは、年度内に成立させなければ国民生活に甚大な影響が出るとして、野党に迅速な審議を働きかける。

 また、赤字国債の発行に必要な特例公債法案や、地方が使途を決められる「地域自主戦略交付金」創設の法案なども、年度内に成立のメドをつけたい考えだ。

« 日米共同開発ミサイル、第三国移転へ基準策定 | トップページ | 空挺団の訓練を視察=防衛相 »

「国内情勢」カテゴリの記事