無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米大統領、日本に言及せず=教育科学先進国と中韓称賛 | トップページ | 国民新・社民、小沢氏の証人喚問に応じない方針 »

2011年1月26日 (水)

米大統領の一般教書演説要旨 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012601000326.html
米大統領の一般教書演説要旨 

2011年1月26日 14時01分

 オバマ米大統領が25日に行った一般教書演説の要旨は次の通り。

 【内政】

 一、この2年間、われわれ政治家は論争し信条のために激しく戦ってきた。しかし米西部アリゾナ州トゥーソンで起きた銃乱射事件は、政党や政治よりも重要なことに気付かせてくれた。われわれは米国という家族の一員である。新たな協力の時代の到来はわれわれにかかっている。

 一、米国民は(昨秋の中間選挙での)投票で、与野党は統治の責任を共有するものだということを示した。新たな法律は民主党と共和党が協力しなければ成立しない。(両党が)前進するもしないも共にある。われわれが直面する問題は政党や政治よりも大きい。

 【経済】

 一、雇用機会や産業が根付くのが米国なのか、他の場所なのかが問題だ。米国民の苦労や熱心さが報われるかどうかや、米国が世界の光となる指導力を維持できるかどうかが問題だ。

 一、中国や、インドが競争力をつけ、中国が世界最大の太陽光発電研究施設や最も高速なスーパーコンピューターを持つなど世界は変わった。

 一、米国は技術革新、教育、インフラ整備で他の国をしのぐ必要がある。ビジネスをする上で米国を最も素晴らしい場所にしなければならない。

 一、ソ連が半世紀前、人工衛星スプートニク1号を打ち上げ米国を打ち負かした。当時は米航空宇宙局(NASA)も存在しなかった。米国は研究と教育に投資してソ連を追い抜き、技術革新で新たな産業と数百万人の雇用を生み出した。

 一、今こそわれわれの世代の“スプートニクの時”だ。宇宙開発競争が最高潮だった時以来の水準の研究開発費を目指し、生物医学研究、情報技術(IT)とクリーンエネルギーに投資する。

 一、最高の科学者や技術者が結集しクリーンエネルギー分野など困難な課題に重点的に取り組むならば、現代の「アポロ計画」を財政支援する。2015年までに100万台の電気自動車を走らせる最初の国になる。石油企業に現在支出している補助金を廃止し資金を賄う。

 一、35年までに、電力の80%を風力、太陽光、原子力などのクリーンエネルギーで生産する。

 一、今後10年間で科学、技術、工学、数学の分野で10万人の教員を新たに雇用する。

 一、税制の抜け穴を閉ざし、25年ぶりに法人税を引き下げる。

 一、14年までの輸出倍増が目標。米国の雇用を25万人以上支える合意をインドや中国と結んだ。韓国との自由貿易協定(FTA)批准承認を求める。アジア太平洋地域との貿易交渉を続ける。

 一、皆さんの何人かが、医療保険改革に懸念があるかもしれないが、改善は可能だ。

 一、最悪の不景気は終わった。向こう5年間、歳出を据え置くことを提案する。向こう10年で4千億ドルの赤字を削減できる。連邦職員の給与は2年据え置きを決めた。

 一、2%の最富裕層向けの減税恒久化は認められない。連邦政府機関の統合、再編を提案する。

 【外交】

 一、今年、われわれはイラクから駐留米軍を撤退させ、米文民が永続的協力関係をイラク人と築くことになる。米国は約束を守った。イラク戦争は終結に向かっている。

 一、(国際テロ組織)アルカイダはわれわれへの攻撃を計画し続けるだろうが、われわれは戦う。(アフガニスタンの反政府武装勢力)タリバンの拠点を奪い、アフガンの治安部隊を訓練した。アフガン人主導の体制に移行するため、約50カ国と協力、7月に駐留米軍の撤退を開始する。

 一、パキスタンでは、アルカイダの隠れ場所は減っている。われわれの決意はくじけず、揺らぐこともない。われわれはおまえたちを打ち倒す。

 一、(核兵器は)最悪の兵器。民主、共和両党は(米ロの新核軍縮条約)「新START」を承認し、配備核兵器を大幅に削減した。核物質がテロリストの手に渡らないよう、世界と手を携え、核物質の防護・保全を進めている。

 一、イラン政府はかつてないほど厳しい制裁に直面している。同盟国の韓国を支持し、北朝鮮が核兵器放棄の約束を守るよう要求する。

 一、ロシアとの関係をリセットしアジア同盟諸国との関係を強化した。(前政権を倒した)チュニジア市民の民主主義への希求を支持する。(ワシントン、ニューヨーク共同)

« 米大統領、日本に言及せず=教育科学先進国と中韓称賛 | トップページ | 国民新・社民、小沢氏の証人喚問に応じない方針 »

「国際情勢」カテゴリの記事